銀行預金の口座について

銀行預金を利用する場合は、銀行に口座を開設する必要があります。ここでは、銀行とその預金口座の開設までの流れや総合口座、通帳についてなどをそれぞれ分かりやすく説明、紹介していきます。

銀行の預金口座について

銀行を利用するためには通常、その銀行に口座を持っておく必要があります(口座がなくても可能な取引も多いですが・・・)ここでは、銀行の預金口座や通帳などの扱いについて分かりやすく解説していきます。

銀行口座の作り方

銀行に口座を開設するまでの流れを開設します。また、口座開設において必要になるものや口座開設の際に注意しておきたい点などを紹介します。

総合口座とは何か?

銀行に口座を開設する場合、多くの場合『総合口座』という口座の開設を行うことになります。この「総合口座」という口座は一体どんな口座であるのかを分かりやすく説明します。

通帳を発行しない銀行

最近増えているのが、通帳という紙ベースの書類を発行しない銀行です。代表的な銀行に新生銀行やネット銀行などがあります。通帳を発行せずにネットや郵送で残高確認をする銀行が近年増加しています。この背景と理由、預金者から見たメリット・デメリットを分析します。

「銀行預金の口座について」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

・総合口座とは

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。