初心者のための資産運用講座銀行預金講座ネット銀行比較>オークションに便利なネット銀行比較

オークションに便利なネット銀行比較

ネット銀行を主に決済用の手段に使いたいという方におすすめのネット銀行を比較していきます。基本的には、他行に対する振込手数料の安さや手数料がお得または無料となるそれぞれのネット銀行の規模(口座の数)などが比較のポイントとなります。

ネットオークションとネット銀行

ネットショッピングやネットオークションとネット銀行(銀行)が絡んでくるのは主に「決済」という場面です。最近のネットショッピングでは、多くのネットショップでクレジットカードの利用ができるところが多いのでわざわざ振込を使って、というケースは少なくなってきましたが、まだまだクレジットカードに対応できていないネット通販業者も数多くありますし、また個人間のやりとりであるネットオークションの場合、その決済方法の多くは銀行振込となっています。

こうしたやりとりが多い方には、ネット銀行の中でも特に、「振込手数料」を中心に見ていくと自分にあった銀行を見つけることができると思います。
また、以外と重要な項目として「自行間の振込手数料」です。同じ銀行同士であれば振込手数料を無料または格安にしているところもあるので、その銀行の普及度合いなども注目に値します。

以下は、各ネット銀行別に、銀行の振込手数料の金額や無料での利用可否、銀行の口座数などの普及度を総合的に勘案したランキングです。

1位:住信SBIネット銀行

無条件で月3回までは他行への振込手数料は無料。また、超過した場合でも1回あたり一律150円とネット銀行の中ではかなり安い。
>>住信SBIネット銀行詳細ページ

他行振込手数料
150円
行振込手数料無料回数
3回
自行間振込手数料
無料

2位:新生銀行

評価はやや分かれますが、振込手数料の面からみると優秀な銀行です。預金残高等に応じて決まるグレードで上位になればかなり優遇される。あまり預金をするつもりがないなら2位の住信SBIネット銀行のほうが使い勝手は良い。
>>新生銀行詳細ページ

他行振込手数料
100円~300円
行振込手数料無料回数
1回~10回
自行間振込手数料
無料

 

「ネット銀行比較」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

振込手数料とは
銀行において資金を別の口座に移すためにかかる手数料のこと。

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。