ATMの手数料でネット銀行比較

ネット銀行をお財布代わりにしたいというニーズはおおきいと感じます。現に私も、コンビニATMで普段のちょっとしたお金を入出金するためのネット銀行を作って利用しています。ここでは、こうした使い方をする方にオススメのネット銀行を比較していきます。

ネット銀行のATM対応状況について

ネット銀行は、そもそもそれぞれ自社のATMというものを原則としてもちません。そのため、ネット銀行への預金者は他社のATMを使って入出金を行う必要があります。

普通の銀行でも、他行のATMを使う場合は手数料をとられることが多いですが、ネット銀行も例外ではありません。そのため、ネット銀行を利用する場合は、利用する銀行で利用可能な、またさらに言えば利用手数料が無料なATMが近くにあることが条件となります。

以下は、各ネット銀行別のATM対応状況とその利便性を個人的にランキングしたものです。

◎・・・無条件で無料回数制限なし
○・・・制限回数ありの無料
△・・・対応しているが有料
×・・・利用不可

1位:住信SBIネット銀行

セブン銀行のATMを無条件手数料無料利用可能なので、利便性は高い、イーネットATMやローソンATMについても回数制限ありながら利用できる。(月間合計5回まで)
>>住信SBIネット銀行詳細ページ

セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
アットバンクATM
×

2位:新生銀行

対応ATMの数多さと手数料では他のネット銀行をおおきく突き放す利便性を持っています。コンビニATM以外にも全都市銀行、信託銀行のATMも実質無料で利用できます。
>>新生銀行詳細ページ

セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
アットバンクATM
×
×
×

3位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の場合、コンビニATM関連にはやや難ありです。各コンビニATM共に完全無料はできません。すべて回数制限ありです。
>>ジャパンネット銀行詳細ページ

セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
アットバンクATM
×

 

「ネット銀行比較」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

コンビニATMとは
コンビニエンスストア等を中心に展開するATMネットワークのこと。

コンビニATMの一覧ネット銀行一覧
各社のコンビニATMについて対応状況(利用時間等)について説明

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。